体験記

タイプラムヴィレッジ「レイニーリトリート」参加レポート 

2018.8/9~8/15  体験者の声(微笑みの風サンガ☆東京)

タイプラムヴィレッジは7月末から、3ヶ月間の「レイニーリトリート」(雨安居)に入っています。

これはブッダの時代から続く、伝統的なリトリートです。雨季に入ると色んな虫たちが地上に這い出してくるので、あちこち出歩いて虫を踏み殺さないように、僧侶たちは「雨季の3ヶ月間は僧院内から出ません」という誓いを立てて、各自の修行に集中します。
この「レイニーリトリート」に、「微笑みの風サンガ☆東京」のメンバー6名が一週間、参加させていただきました。

8月9日(木)【プラムヴィレッジ(以下、PV)に到着】


●13:30 成田空港を離陸。台風の影響で、飛行機の出発が3時間遅れました。

●122:45 予定より遅くに、タイPVに到着。PVはすでに消灯後でしたが、ブラザー・サンライト(日光)を含む僧侶3名&マサさんが出迎えに来てくださいました。(「マサさん」こと功刀匡光さんは、今年のPV来日ツアーでは、僧侶団のお世話係チームの一員として働いてくださいました。ちょうどこの時お一人で、タイPVに1ヶ月間滞在中でした)

8月10日(金)【休養日(フリー)】
午前、マサさんが、みんなを「呼吸の丘」へ案内。

午後: ブラザー・サンライトが所属する農園チームの「働く瞑想」を、見学させてくださいました。

農園チームの皆さんは、炎天下、土を耕し、種をまき、腐葉土をかぶせ…すべて手作業で、無農薬野菜を育てておられました。この畑から、美味しくて新鮮なお野菜が収穫され、サンガの食卓に上ります。

​About this site

ノーベル平和賞の候補にもなった禅師/詩人/平和活動家 ティク・ナット・ハン師のマインドフルネスの教えを実践する仲間(=サンガ)のサイトです。

ティク・ナット・ハン師について知りたい方、その教えを体験してみたい方への情報を掲載しています。

MINDFULNESS PRACTICE

BY THICH NHAT HANH 

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル

©2016-2020「マウンテン・オブ・ハーモニー・サンガ」〜ティク・ナット・ハンとプラムヴィレッジの伝統による〜(プラムヴィレッジ・サンガ・ジャパン・ネットワークを改称)