グーグル社での活動について

「グーグル社、ティク・ナット・ハン禅師の智慧に教えを請う」(2013年9月5日 ガーディアンの「ビジネスの持続可能性」紙、テクノロジーとイノベーション特集より。元記事は、インターネットより転載 http://bit.ly/1kgxSST) ─ 世界的なテクノロジー企業の数々が、マインドフルネスの力と 瞑想に出会い、持続可能性と幸福のテコ入れを始めた ─ 今月グーグル本社を訪れるティク・ナット・ハン禅師、ナンバーワンを追及せず「無願(目的依存を手放すこと)」を養うことを説く。 ◆グーグルをはじめとする、世界でもっとも勢いのあるテクノロジー企業の多くが、この87歳のヴェトナムの禅僧にとりわけ注目するのは、いったい何故だろうか? ティク・ナット・ハンは、世界の何十万に及ぶ信奉者たちに「タイ」という愛称で知られている。彼の教えがどのように自からの組織に思いやりと効果をもたらすか、その可能性を探ろうとあらゆる企業が興味津々なのだ。 今月後半タイはカリフォルニアのグーグル本社に招かれ、まる一日の瞑想実践の時間を提供する。これはマインドフルネスの実践が社会のメインストリームに取り入れられつつあるしるしだ。 タイの著書はアメリカ国内だけで200万冊以上売れている。のみならず彼は、アメリカに本社を置くシリコンバレーのおもなテクノロジー関連企業の代表20人以上と会見し、今この瞬間に生きる技についての智慧を伝授している。 タイが企業幹部たちと会う際には、すべてのいのちの相互の連携と相互依存への深い理解のありかた、企業における仕事の日常、製品の設計、世界を変化させるテクノロジーのヴィジョンのありかた

注目記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

​About this site

ノーベル平和賞の候補にもなった禅師/詩人/平和活動家 ティク・ナット・ハン師のマインドフルネスの教えを実践する仲間(=サンガ)のサイトです。

ティク・ナット・ハン師について知りたい方、その教えを体験してみたい方への情報を掲載しています。

MINDFULNESS PRACTICE

BY THICH NHAT HANH 

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル

©2016-2020「マウンテン・オブ・ハーモニー・サンガ」〜ティク・ナット・ハンとプラムヴィレッジの伝統による〜(プラムヴィレッジ・サンガ・ジャパン・ネットワークを改称)