“マインドフルネス瞑想によるリラクゼーションが社会を変える”ティク・ナット・ハンへの独占インタビュー

筆者/インタビュア マリアンヌ・シュナル ティク・ナット・ハンはベトナムの僧侶であり、執筆者、指導者、平和運動家でもある。その平和活動や和平提案の功績は、マーチン・ルーサー・キング牧師が1967年にノーベル平和賞候補に推薦し、平和と非暴力の伝道者と呼ぶほどのものである。 現在は、南フランスに創設したプラム・ヴィレッジ僧院・瞑想センターを拠点に北米やヨーロッパ全域で講演、「マインドフルな生き方の実践」のリトリートを開催している。著書は100冊を超え、ベストセラーに『マインドフルの奇跡―今ここにほほえむ (からだの冒険こころの冒険)』、『生けるブッダ、生けるキリスト』、『仏の教え ビーイング・ピース―ほほえみが人を生かす』がある。現在も、来年出版予定の『安らぎは呼吸の中に―呼吸の実践(仮訳)』(※)の執筆に取り組んでいる。(※注:Peace Is Every Breath 本書は2011年に HarperCollins より出版された:未邦訳) ティク・ナット・ハンの著書『微笑みを生きる―“気づき”の瞑想と実践』の序文で、ダライラマがティク・ナット・ハンについてこう記している。「彼は、厳しい精神状態に変容と癒しをもたらすためにどのようにマインドフルネスや集中力を用いれば良いかを示しています。人との関わり、内なる平和との関わり、そして地球の平和との関わりを示しているのです。」 以下のインタビューでティク・ナット・ハンは、自己を養う手段として休憩時間をどのように使うことができるのか(彼によると「我々人間は真に休息しリラックスする智慧を失っている」そうです)、また多忙な連邦議会議員で

私たちにとってこれしかない世界・地球:平和と環境保全のために私たちがなすべきこと

自分がいったい何をしているのか、どこに向かっているのかを知らない夢遊病者のような私たち。そこからの目覚めは、母なる地球の上をマインドフルに歩けるかどうかにかかっています。人類を含む全ての生命の未来が、私たちのマインドフルな歩みにかかっています。この星地球のいたるところで鳴るマインドフルネス・ベルの音に耳を傾けなければなりません。私たちは自分たちの子供や、そのまた次の子供たちの未来を保証するような生き方を学び始めなければなりません。 私はブッダとともに長く坐禅を実践し、地球温暖化の問題について教えを乞うてきましたが、この問題ついてのブッダの教えは極めて明白です。人類がこれまで通りの生活を続け、未来を考えることなく消費し、森林を破壊し、温室ガスを排出し続ければ、大きな被害をもたらす気候変動は避けられません。身の回りの生態系のほとんどが破壊されてしまうでしょう。海面が上昇し、海岸沿いにある都市は水没し、何億という人々が家を失い、戦争が勃発し、伝染病が蔓延することになります。 私たちに必要なのは、ある種の集団的な目覚めです。目覚めている人たちもなかにはいますが、まだ不十分です。多くの人がまだ眠っているからです。彼らには警鐘がまだ聞こえていません。人類は自分たちで制御できないようなシステムを作ってしまいました。こうしたシステムが居すわり、私たちはその奴隷、犠牲者になってしまったのです。多くの人が、家、車、冷蔵庫、テレビなどをもつのと引き換えに、時間や生活を犠牲にしています。私たちはいつも時間に追われています。かつては一杯のお茶に三時間もかけ、静かで心豊かな雰囲気の中で友と一緒の時間を楽し

タイ(ティク・ナット・ハン師)の容態について

全プラム・ビレッジ・センターの皆様 全世界のプラクティス・センターとサンガ一同 そして親愛なる友人の皆様, プラムビレッジ・フランス 2015年2月19日 旧正月を迎えるに当たって、私達も90日間の毎年恒例の冬季リトリートも終了を迎える事になりました。タイが目覚ましい回復を遂げている事を報告させてもらえることに大変喜びを感じております。 タイは現在、脳こうそく専門のリハビリテーションクリニックに転移され、専門性の高いプロのスタッフから最高の治療を受けておられます。モナスティックのチーム達が医師、看護師、プロのセラピストと共に綿密に働きながらタイの傍に24時間つきそわれ、マッサージや針治療を施し、精神的支えとなっておられます。そしてタイの身体トレーニングを手伝っています。 タイは順調に身体の強さを取り戻しながら、筋力を日に日に高めていっています。私達は、タイが自分の力で姿勢よく座ったり、肢体を動かそうとする訓練基準をご自身で設けながら見せてくれる強固たる意志と、意欲、勇気と集中力に驚かされています。 メディカルチームはタイが口から物を飲み込む力を介助しており、先週タイは11月以来になる初めてのお茶をご自身で一杯飲む事が出来ました。タイはつきそいの方にお気に入りのお茶を注いでもらうと、皆で一緒に飲もうと回りの人を誘うサインを出しました。タイはお茶を観じながら微笑み、手を心臓の上に置きながら顔をあげました。お茶をじっと深く見つめ、マインドを身体に引き戻し、今そこにいながらお茶を心から楽しむ事を忘れないようにと、私達にタイが伝えようとしていた事は明らかでした。 旧正月中の満月の間

注目記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

​About this site

ノーベル平和賞の候補にもなった禅師/詩人/平和活動家 ティク・ナット・ハン師のマインドフルネスの教えを実践する仲間(=サンガ)のサイトです。

ティク・ナット・ハン師について知りたい方、その教えを体験してみたい方への情報を掲載しています。

MINDFULNESS PRACTICE

BY THICH NHAT HANH 

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル

©2016-2020「マウンテン・オブ・ハーモニー・サンガ」〜ティク・ナット・ハンとプラムヴィレッジの伝統による〜(プラムヴィレッジ・サンガ・ジャパン・ネットワークを改称)