11月30日発売の サンガジャパン別冊3号(サンガ出版)に、ティク・ナット・ハン師のマインドフルネスの実践コミュニティとしてのサンガについて、ゆとり家サンガの島田啓介さんが執筆した記事が16ページにわたって掲載されています。

サンガとは何か、ティク・ナット・ハン師の言葉「21世紀のブッダはサンガである」とはどういう意味か、プラムヴィレッジのサンガの精神とは、国内サンガがどのように生まれ、成長していったか、どんな課題を乗り越え、今どのような活動をしているかを、ご自身もサンガの主催者であり、日本のサン...

プラムヴィレッジに新たに日本人のシスター・ブラザーが誕生しました。

サンガの仲間のろみさん、ケイタさんが、1年弱の見習い修行の後、シスター・チャン・マイ・ディエン(梅田月尼)とブラザー・チョイ・ドゥック・バン(徳本天)として、出家の道を踏み出されました。
英語名はMoon over Field of Plum BlossomsとSky of Original Virtue。お二人ともとても詩的できれいな法名ですね。
プラムヴィレッジでただお一人の日本人だったシスター・チャイがとても喜んでいら...

ティク・ナット・ハン師は、タイランドで開催されるコア・サンガ・リトリートに出席するため、空路フランスからタイランドへ。長時間のフライトを経て無事にタイ・プラムヴィレッジに到着され、アジア各地から駆け付けたブラザー・シスターや在家信者のみなさんが喜びに満ちてお迎えしているという知らせが届いています。

脳内出血で倒れられてから2年、90歳のタイがここまで回復なさっていることは本当にすばらしいニュースです。

プラムヴィレッジの公式ニュース

原文

和訳(ハートオブ東京サンガ)

11月25日、ティク・ナット・ハン師の新刊『イエスとブッダーいのちに帰る』(Going Home, Jesus and Buddha as Brothers)がバンブーサンガの池田久代さんの訳にて春秋社より出版されました。1996年に出版された「生けるブッダ、生けるキリスト」の続編というべき講話集です。

聖霊はマインドフルネスである!


「タイ(ティク・ナット・ハン師)は明言されます。本当のわが家は、どこか遠い場所にあるのではなく、私たちの暮らしの中にあると。
ホーリー・スピリット、マインドフルネス...

Please reload

注目記事
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ