1/27~2/17の3週間にわたり、タイランド現代美術の発信地「バンコク・アート・カルチャー・センター」にて、タイ(ティク・ナット・ハン師)の「詩と書と本の展覧会」が開催されています。
〝ティク・ナット・ハン師  生涯を讃える〟と題された大々的な展覧会のようすを、プラムヴィレッジ・タイランドの日本人僧侶ブラザー・サンライトのレポートで。

http://j.mp/2BlG1Wb

プラムヴィレッジ・タイランドの日本人僧侶ブラザー・サンライトは、タイ(ティク・ナット・ハン師)の生涯を研究するクラスに所属されています。

ブラザーがタイの自伝短編小説『師匠の法衣』を日本語に訳されました。

故郷フエの慈孝寺と、自らの師匠である清貴和尚(釈真實 大老師)との思い出を綴った珠玉の小品です。

リンク先からお読みください

http://j.mp/2BntKAe

Please reload

注目記事
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ