• 京都マインドフルネスセンター

[UPDATE]ラリー&ペギー・ウオードご夫妻の京都リトリート/ワークショップ


『アメリカ在住、プラムヴィレッジ公認のダルマティーチャーである  ラリー・ウオードとペギー・ウオード夫妻が初来日!』

ラリーさんとペギーさんは、テイク・ナット・ハン師が プラム・ヴィレッジを設立した初期の頃からの在家の弟子であり、 1994年にプラム・ヴィレッジ公認のダルマ教師になられた方々です。

お二人は、アメリカ国内だけでなく、メキシコやタイランドなどの国外でも リトリート、教育、講演、人生コーチを通じて、 愛の心を培う実践を指導していらっしゃいます。

マインドフルネスの実践を始めたいと考えていられる方も、 またさらに実践を深めたいと考えていられる方も、 今回お二人が指導してくださる特別な リトリート・ワークショップの機会をお役立ていただけたら幸いです。

★京都でのリトリート・ワークショップ スケジュール★

❖マインドフルネス・リトリート in 京都

 日時:2017年9月29日(金)18時~10月1日(日)午後まで

※9/30(土)からの1泊2日の参加も可能です  会場:関西セミナーハウス(JR京都駅から、地下鉄で15分、タクシーで10分)  テーマ:マインドフルな人間関係の育て方      プラムヴィレッジの伝統的なマインドフルネスの実践を通じて、      「心の庭」の理解と、「心の庭に」愛と喜びの花を咲かせる       ”ガーデナー(庭師)”になることを学ぶ3日間です。  

※こちらからチラシがダウンロードできます

 ※リトリート参加者には、琵琶湖サンガと京都マインドフルネス・センターが   共同で翻訳・出版する先生方の著書「Love’s Garden: A Guide to Mindful Relationship」  の日本語版をプレゼントします。  尚、この本は2010年に出版された仏教関係の書籍の中で優秀賞を受賞した本です。

❖ワークショップ

①ビジネスパーソン&学生向けセミナーレジリエンス×マインドフルネス with Larry Ward   日時:2017年10月4日(水)、5日(木) 19:00~21:00    (一日だけの参加可能)   会場:京都コンソーシアム(JR京都駅から、徒歩5分)   テーマ:レジリエンス×マインドフルネス(仮称)      ビジネスの分野で、マインドフルネスを実践する方法を指導していただきます。      又、マインドフルネスに関する脳科学の最新の研究成果についても紹介していた      だきます。

※学生の方は半額でご参加いただけます ②~琵琶湖のほとりで心を満たすワークショップ~ Day of Mindfulness   日時:2017年10月7日(土) 11:00~17:00    会場:休暇村 近江八幡   内容:マインドフルネスとアートセラピーや、ボディーワークを取り入れた      一日のワークショップです。

★いずれも、詳しくはこちらの告知サイト

https://tnhsangha.wixsite.com/larryandpeggy

から、受付専用ページをご覧ください

(早期割引は8/31まで!)

❖ラリーさん、ペギーさんからのメッセージ

『私たち二人は、京都で開催されるこの素晴らしいリトリートを  皆さんと共に行えることを、大変嬉しく思っています。  こうして皆さんとお会いし、私たちの師ティク・ナット・ハンへの敬意と  実践を共有できる機会が持てることを、大変幸運に思っています。  私たちにとっては初めての京都訪問であり、とても興奮しています。  私たちを招待し、私たちに日本の文化を学び、皆さんとともに実践できる機会を  与えてくださったことに心から感謝しています。  私たちの師ティク・ナット・ハンは、日々毎日が贈り物だということを  いつも私たちに想起するよう教えています。  私たち二人は、その今という時の贈り物の包みを、皆さんと共に開けたいと思っています。』

Breathe&Smile

琵琶湖サンガ・京都サンガ・京都マインドフルネスセンター

<お問い合わせ>

smile@kyotomindfulness.org

#リトリート

0回の閲覧

MINDFULNESS PRACTICE

BY THICH NHAT HANH 

​About this site

ノーベル平和賞の候補にもなった禅師/詩人/平和活動家 ティク・ナット・ハン師のマインドフルネスの教えを実践する仲間(=サンガ)のサイトです。

ティク・ナット・ハン師について知りたい方、その教えを体験してみたい方への情報を掲載しています。

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル

©2016-2020「マウンテン・オブ・ハーモニー・サンガ」〜ティク・ナット・ハンとプラムヴィレッジの伝統による〜(プラムヴィレッジ・サンガ・ジャパン・ネットワークを改称)