「プラムヴィレッジ僧侶団マインドフルネス来日ツアー2020」
開催中止のお知らせ

2020年3月16日

プラムヴィレッジ招聘委員会

みなさまへ


このたび、私たちプラムヴィレッジ招聘委員会は、新型コロナウィルス感染拡大の影響を考慮し、4月下旬からゴールデンウィークに掛けて開催予定でおりました「プラムヴィレッジ僧侶団マインドフルネス来日ツアー2020」につきまして、ツアー全体の開催を中止することといたしました。

 

予定を調整し、参加を楽しみにしてくださっていた方々へは、残念なお知らせになってしまい、誠に申し訳ありません。

 

現在まだ、ウィルス感染終息の目処が立っていない状況です。参加者の皆様や海外から招聘するプラムヴィレッジの僧侶の方々にとって安全・安心なツアーであることを、私たちはまず第一にと考えました。

ツアーでは、50人から100人以上の方々が長時間集うこと、イベントによっては数日間寝食をともにする内容であること、例年小さなお子さまからご高齢の方までご参加されることなど考えると、現在の状況下で安心・安全な環境とは言いがたく、最終的にこうした決定をさせていただきました。

 

これまで私たちは、今年も皆さまとご一緒できることを楽しみに、ツアーの準備を進めてまいりました。けれども、こうした状況を考慮して中止の決定へと至りましたことを、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

 

2014年から毎年開催してきました「プラムヴィレッジ僧侶団来日ツアー」も7年目を迎え、今年はティク・ナット・ハン師初来日25周年の節目でもあり、イベント数も増し、より多彩で充実した企画を進めてきておりました。これらの企画につきましては、来年の同じ時期には、また同様のツアーを開催させていただく予定です。

 

ツアーは、ティク・ナット・ハン師の教えを継ぎ、日々マインドフルネスの実践を重ねる僧侶の方々と、直に交流できる大変貴重な機会となっています。

ぜひ来年のこの機会に、またご参加していただけますよう、招聘委員会一同、心よりお待ちしております。

 

ツアーは中止となりましたが、私たちは日頃よりプラムヴィレッジの瞑想実践の会を全国各地の「サンガ」(瞑想仲間の集い)で開催しております。マインドフルネスを身近な場所で実践されたい方は、『ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え』のホームページ【各地のサンガ】をご参照ください。→https://www.tnhjapan.org/sangha-in-japan 

 

私たち「プラムヴィレッジ招聘委員会」は、瞑想を実践するサンガの有志メンバーが、プラムヴィレッジと連携をとりつつ運営していますが、ツアー開催にあたっては毎年多くの方々に温かなご支援・ご協力をいただいております。
今年も企画、共催などさまざまな形でご協力をいただいておりました団体・個人の皆さまにも、心よりお礼申し上げます。

 

*今年開催を予定していたツアー内容について*

 

最後に、そうした皆さまと企画・準備を進めておりました今回の「来日ツアー」の全イベントについて、ご紹介いたします。

今年のテーマは、「今ここを生きる~~Nowhere to go, nothing to do~~」でした。

忙しすぎる現代の日本の生活での中で、「Nowhere to go, nothing to do=どこにも行かない、何もすることもない。すなわち、今ここを生きる」ことに立ち返る体験ができるツアーを私たちは考えていました。

以下が、今年予定していた全イベントになります。

【プラムヴィレッジ僧侶団 マインドフルネス来日ツアー2020 
 今ここを生きる~Nowhere to go, nothing to do~】

 

  • 富士山麓マインドフルネスリトリート(4泊5日)

 

  • 日本伝統仏教者のためのマインドフルネスリトリート(2泊3日)/世界仏教徒青年連盟(WFBY)、プラムヴィレッジ招聘委員会 共催

 

  • 医療者・心理職者のためのマインドフルネス研修会(2日間)/NPO法人ハートシェアリングネットワーク、昭和大学、Plum Village Mindfulness Academy  共催/プラムヴィレッジ招聘委員会 協力

 

  • 教育者のためのマインドフルネス・デー(2日間)

 

  • 親のための1dayマインドフルネスリトリート

 

  • ベトナムDAY

 

  • Wake Up!若者向けMindful Day 

 

  • 働く人のためのマインドフルネス~私と世界を幸福で満たす生き方~

 

  • 般若心経をよむ会


主催/プラムヴィレッジ招聘委員会  

協力/「マウンテン・オブ・ハーモニー・サンガ」 ~ティク・ナッ ト・ハンとプラムヴィレッジの伝統による~、NPO法人ハートシェアリングネットワーク、Breathe and Smile Mindbody Wellbeing Center、AIAB (Asian Institute of Applied Buddhism)、全日本仏教青年会、一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート、株式会社サンガ、本應寺

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

現在、治療法が確立されていないコロナウィルスに対する不安とおそれが、日本だけでなく世界各国で蔓延しつつあります。
こうした状況下だからこそ、一旦立ち止まって、こころとからだを休ませる。そして自分自身の不安や怖れに「気づき」、「深く見つめる」…マインドフルネスの実践が必要です。

まさに「Nowhere to go, nothing to do~どこにも行かず、何もせず〜、今ここを生きる」という、今年の来日ツアーのテーマ、そのものですね。

 

私たちも、今年は一旦立ち止まり、深く見つめ、「今ここを生きる」ことを存分に味わいたいと思います。
そうして、またの機会を新鮮な気持ちで企画できるようつとめていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

みなさまも、この機会を、どうぞマインドフルにお過ごしくださいませ。

そして、また来年お会いいたしましょう。


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


呼吸と微笑みとともに

 

プラムヴィレッジ招聘委員会メンバー一同