プラムヴィレッジフランスから〜3.11鎮魂、そして世界の平和への祈り


「戦争 が始まるまでに長い時間がかかります。今起こっている戦争の種は、何年も前に蒔かれたものです。今あなたにできることが、取るに足らないことだなんて思わないでください。将来の戦争を防ぐために、今、私たちは平和の種を蒔いているのです。」 ーシスター・アナベル 日本の鎮魂のために、そして今の世界の平和への祈りをこめて、プラムヴィレッジフランスから、「花は咲く」の演奏を捧げてくださいました。

ヴァイオリンは最初の日本人僧侶でありダルマティーチャーのシスター・チャイです。

多くの人の心に届きますように。

注目記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索